ナノオプトニクス研究所 (Nano-Optonics Institute)

     ★★ナノオプトニクス研究所固有のウエブページ★★

<比較的最近の情報>

 ◆大型光学素子の研磨・計測技術の開発で活躍するストーブリ製のロボット◆[日刊工業新聞 記事]
     2017-02-08

電気代節約、製造コスト減

【望遠鏡向け】

アストロエアロスペース(岐阜県関市、藤原洋社長、0575・45・0033)は、大型望遠鏡に使われ
る非球面の光学素子製造や形状測定技術を得意とする。京都大学で進められていた大型望遠
鏡の実用化に向けた技術開発を目的に2005年11月に設立された企業が前身。
 07年に大型光学素子の製造技術の開発を始めた「超精密研削技術」を生かし、これまでに京大の
口径3.8メートル望遠鏡の分割主鏡を製作。国立天文台が米国ハワイ州で運用する「すばる望遠鏡」
用のカメラの自由曲面レンズの研削や次世代の超大型望遠鏡「TMT」の分割主鏡の試作も手がけた。

ロボットを導入したのは15年。欧州のストーブリ製で、研磨工具とプローブを切り替えて望遠鏡
やレンズなどの大型光学素子の研磨と形状測定の両方に利用している。研磨機と組み合わせたシステ
ムを構築し、最初に手がけたのは宇宙航空研究開発機構(JAXA)の観測所向け放物面鏡の研磨だ
った。

     

大型光学素子の研磨・計測技術の開発で活躍するストーブリ製のロボット


【工具制御】

経済産業省の「戦略的基盤技術高度化支援事業」に採択され、現在取り組んでいる研磨・計測シス
テムの開発でもストーブリ製のロボットを活用。研磨工程では理想形状に近づけるため修正する際に
工具を動かすスピードの制御が重要で「数十万点に及ぶ位置や速度の指令でロボットの動作を制御す
る必要がある」(所仁志氏)。ストーブリ製であればこうした制御をロボット単体で実現できると知
り導入を決めた。

導入にあたっては自社の使用方法に特化したロボットのトレーニングや、位置や速度など記述した
情報通りにロボットを動作させるアプリケーションの開発、形状測定システムとロボットの同期方法
の提案を要請した。

ロボット導入前は研削加工機1台で精密研削と研磨を行い、製造する光学素子の焦点距離に相当す
る高い位置に干渉計を置いて形状測定をしていた。ロボットを利用した計測方法は大がかりなシステ
ムが不要で、ロボットが研磨工程を担う。研削は研削加工機だけで済むため、複数の工程を同時並行
できる。ロボットを使うことで研削加工機に比べて電気代もかからず、製造コストが削減可能になる。

【用途拡大】

ロボットの性能に加え、「初期不良の際、技術者の対応が非常に早かった。要望以上の提案も返し
てくれる」(所 氏)とストーブリの顧客応対の姿勢にも信頼を寄せる。

今後は洗浄を含む一連の工程の自動化にロボットの適用を目指すほか「材料メーカーから納入され
たガラス平面基板の荒研削にもロボットが使えれば」(所 氏)と一層の活用を模索する。

(大阪・窪田美沙)



  

    ナノオプトニクス研究所の研削・研磨技術(研削加工中のイメージ)    完成後調整中の3.8m新技術望遠鏡(CGモデル)

ナノオプトニクス研究所の
    主な事業内容


 1.非球面反射鏡の製造
 2.放物面
 3.双曲面
 4.バイコニック面